バイオテクノロジーとは

Biotechnology

バイオテクノロジーとは

バイオテクノロジーとは、「バイオロジー(生物学)」と「テクノロジー(技術)」を組み合わせた造語であり、生物工学または生命工学と訳されています。
古くは味噌や醤油などの発酵・醸造技術もバイオテクノロジーであり、近年では「遺伝子組み換え」や「細胞融合」などの技術開発によって医療、環境保全、農林水産業などに広く利用されています。

  • 過去 Past

    ≪発酵・醸造≫
    酵母、細菌などの微生物の働きを利用したもので、人類がもっとも古くから活用してきた技術。
    ○発酵食品
    酵母:パン、ワイン
    細菌:納豆、ヨーグルト
    カビ:チーズ、日本酒、味噌、醤油
  • 現代 Current

    ≪遺伝子情報の解明≫
    人や微生物などの遺伝子情報が解明され、その結果開発された遺伝子組み換え技術等が様々な分野で活用されている。
    ○医療
    バイオ医薬品、抗生物質
    ○農業
    遺伝子組み換え作物
  • 未来 Future

    ≪さらなる発展≫
    医療・環境・資源・食料等の分野における問題解決に役立つ技術としてさらなる発展が期待されている。
    ○医療
    再生医療、個別化医療
    ○環境・生活
    再生可能なバイオエネルギー