バイオ医薬品の特徴

characteristic

一般医薬品との違い

大きさ・複雑さ

薬となる成分・物質を化学合成にて作る一般医薬品に比べて、バイオ医薬品は微生物・細胞などの『生物がつくりだすもの』がもとになるため、その構造は非常に複雑です。

  • 一般

    単純な構造 分子量100~
  • バイオ医薬品

    複雑な構造 分子量10,000~

製造法

一般医薬品は単純な化学合成工程で製造されますが、バイオ医薬品は微生物や細胞を利用した遺伝子組み換え技術・細胞培養技術を活用するため製造コントロールは困難です。

  • 一般

    化学物質を調合したり、抽出する

  • バイオ医薬品

    微生物や細胞内で合成