バイオ医薬品の今後

from now on

バイオ医薬品の今後

製薬各社は、副作用が少なく、がんなどの疾患領域に有効な新薬として需要増が見込まれるバイオ医薬品の開発を加速させており、2014年には世界の大型医薬品売上高ランキング上位20品目中、半数の10品目を占めるに至りました。今後は、さらにその比率が高まることが確実で、世界中で開発競争が展開されています。

バイオ医薬品が今後大きく成長していく理由

化学物質の組み合わせは探索しつくされ、一般医薬品で新薬が生まれにくくなっていること
がんやリウマチ等の難治性疾患治療をバイオ医薬品が得意としていること

ジーンテクノサイエンスはバイオ医薬品のみならず
日々進歩するバイオテクノロジーを活用して再生医療・個別化医療などの
次世代医療事業も積極的に展開することで社会貢献して参ります