【参】六角形画像(わたしたちが目指すもの)
H1

ビジョン

サブタイトル

Our Goal

社長メッセージ

社長メッセージ

 新型コロナウイルス感染症でお亡くなりになられた方々に心からお悔やみ申し上げますと共に、罹患された皆様の一日も早いご快復お祈りいたします。また、感染状況が厳しい局面にあり続ける中、医療の最前線に立たれている医療関係者の皆様に深く敬意を表し、感謝いたします。

 2020年は世界的な新型コロナウイルス感染拡大により、オリンピックの延期を含め、様々なイベントが延期や中止を余儀なくされ、私たちが普段当たり前のように考えていた様々な日常生活や経済活動に制約がかかり、世界中が非常に厳しい状況に直面し、ライフスタイル、働き方を再定義する一年となりました。当社においても、感染拡大防止と従業員の健康管理に充分に気を配り、在宅勤務制度やオンライン会議システムを活用しながら“withコロナ”の時代でも、これまでと変わらない事業活動を行えるように新しい働き方について創意工夫を重ねております。私自身も自宅で勤務する機会が増えました。閉塞感のある昨今において、リモートワークは仕事や生活の仕方に工夫を凝らす必要はあるものの、一方で家族と触れ合う機会が多くなりました。当社は、患者様やそのご家族に対して、新たな医療を提供し、何気ない日常を取り戻すことを目標に掲げておりますが、このコロナ禍において、家族と過ごす日常のありがたみを改めて実感したことで、当社の目指している方向性の意義を再認識しつつ、着実な事業推進に向けて気を引き締め直しております。

 このような状況ではありますが、当社は引き続き全社一丸となり、“GTS3.0”の実現に向け、研究開発及び事業開発活動に鋭意取り組んでおります。

 具体的に申し上げますと、当社の三本柱の事業の一つである再生医療(細胞治療)事業の成長を加速するべく、心機能の改善を目的とした「心臓内幹細胞」のプロジェクトを推進している㈱日本再生医療を当社に取り込みました。そして、このプロジェクトの研究開発を促進し、2023年度中の製造販売承認申請に向け着実に歩を進めております。また、歯の内部に存在する「歯髄」と呼ばれる組織から採取される「歯髄幹細胞」を用いた再生医療等製品の研究開発プロジェクトは、経済産業省が再生医療の研究開発を推進するためにとりまとめた「ヒト(同種)細胞原料供給に係るガイダンス(初版)」に基づき、国内初の安定した乳歯提供体制の確立を目指し取り組みを始動いたしました。

 さらに、当社事業の活動基盤を支えているバイオ後続品(バイオシミラー)事業は堅実な成長を続け、当社のバイオシミラー事業の3製品目となる眼科治療領域のバイオシミラー(当社開発コード:GBS-007)を2020年9月に製造販売承認申請するに至りました。既に上市している2製品に続く高品質なバイオシミラー製品を患者様、医療現場の皆様に着実にお届けできるよう引き続き勤しんでまいります。

 2021年2月には、当社の中期経営計画を発表いたします。「新しい治療法を待つ患者様へ一日でも早く届ける」ことを第一に、2022年度以降の早期黒字化の達成及び中長期的な成長に向けた戦略及び実行計画についてお伝えいたしたく考えております。

 「明日の子供たちのために」。将来の社会を担う子供たちのために小児疾患に対する医療を充実させ、少しでも多くの子供たちが健やかに育ち、社会に飛び立っていってほしい。日本の大学や研究機関で生まれた素晴らしいバイオ技術を駆使し、一日も早く治療法を届けるため2021年も邁進してまいります。

 

2020年12月
株式会社ジーンテクノサイエンス
代表取締役社長 谷 匡治

ジーンテクノサイエンスを支える執行メンバー



ミッション&ビジョン

GTS3.0

バイオで価値を創造するエンジニアリングカンパニー

患者、家族、介護者を含め、包括的なケアを目指して

北海道大学発のベンチャーとして設立
バイオ新薬・バイオシミラーの開発を経て、
今、再生医療分野を軸とした新たなステージへ

ミッション&ビジョン

注力領域

これから

これから

日本にある優良なバイオ技術の1つ1つをつなぎ合わせ、
未来を担う子供たちのかけがえのない今、そして明るい明日へと

目指す事業の方向性

治療法が不十分な疾患に対する医療を提供し、新しい領域を開拓する

注力領域

小児疾患(若年性疾患含む) 難病 希少疾患 アジアの疾患

GTSの想い

日本の優良なバイオ技術を世界へ

日本の優良なバイオ技術を応用して製品やサービスを生み出し、これを広く世界に届け、貢献することが世界の中の日本にとって大切なことと考えています

明日の子供たちへ

少子高齢化が全世界で課題となっている昨今において、次の世界を築き上げていくのは、子供たちや若い世代の方々
GTSは若い世代の方々が1人でも多く、より健やかに社会に飛び立っていくためにバイオ技術を通して貢献したいと考えています